医療生協かわち野生活協同組合 東大阪生協病院

日本医療機能評価機構認定病院

在宅・介護

在宅医療

当院より医師が訪問し、ご自宅で医療が受けられます。定期的な医療が必要だけれど、通院困難。退院後は住み慣れた家で過ごしたい方や、寝たきりの方、神経難病・ALS(筋萎縮性側索硬化症)の方、在宅酸素をされている方、がんの方などに訪問診療を提供しています。

定期的に訪問します

お体の状態に合わせて訪問診療を行います。原則として月2回、曜日を決めてお伺いします。

いつでも大丈夫

夜間休日も病気は待ってくれません。「夜中に具合が悪くなったらどうしよう?心配…」の声に私たちは在宅療養支援病院として24時間365日の緊急往診体制で「いつでも」対応させていただきます。

チームで築く安心の輪

安心して療養できるように、私たちは医師をはじめ、看護師、理学療法士、訪問看護師、ヘルパー、ケアマネージャーと他院、かかりつけ医との連携・情報交換を行っています。

訪問診療の対象について
  • 訪問点滴
  • 在宅酸素
  • 疼痛管理
  • 人工肛門
  • 人工膀胱
  • 尿道カテ
  • ターミナル
  • 認知症
  • 中心静脈
  • 経管栄養
  • 褥瘡
  • がん疼痛
  • 人工呼吸器
  • 気切処置
  • 胃ろう管理
訪問診療開始の流れについて
ご家族の方が直接病院窓口または電話にてご相談ください。ケアマネージャーやケースワーカー、医療機関(地域連携課)などを通じてもご連絡いただけます。料金や内容にご同意いただいた後、初回訪問の予約をおとりします。
検査・薬について
検査については簡単なものはご自宅で、必要な場合は生協病院にて行います(送迎あり)。
お薬は院外処方となりますので処方箋をお近くの調剤薬局へご提出下さい。薬剤費は別途必要です(通院の場合と同じ)。

訪問看護

かかりつけ医の指示を受け、看護・リハビリが必要な状態である方のご自宅に看護師・理学療法士・作業療法士等がお伺いし、病状の観察と床ずれの処置や排泄に関する管理・機能訓練、精神的援助・介護相談や助言等を行います。また、かかりつけ医や介護支援専門員等と連携・情報交換し、介護予防から難病ケア・終末期ケア・看取りまで幅広く対応し、安心してご自宅で療養して頂けるよう支援します。介護保険(優先)または医療保険での対応となります。

医療との連携もスムーズ医療生協ならではの介護を!

高齢者や高齢者とともに生活する家族にとって介護サービスは大切な役割を持つようになってきました.私たち医療生協は組合員とともに医療生協らしい介護をすすめてきています。そして40 年以上積み重ねてきた医療活動と連携を深めながら、地域で信頼される介護事業活動をめざしています。
Page Top