医療生協かわち野生活協同組合 東大阪生協病院

日本医療機能評価機構認定病院

入院案内

地域包括ケア病床

地域包括ケア病床(2階病棟)では10床。急性期での入院治療後、病状が安定した患者様が対象となり、在宅復帰へ向けてリハビリ・在宅復帰支援などが必要な方を担当しています。

具体的には
・在宅復帰へ向けて積極的なリハビリが必要な方
・在宅での療養準備が必要な方

ただし、該当病床に入室後、最長60日以内での退院が原則となります。退院は医師に指示によって異なります。上記のような患者様のために、当院では「地域包括ケア病床」をご用意し、安心して退院していただけるよう努めております。

なお、「地域包括ケア病床」へ転床していただく場合、主治医が判断し患者・ご家族様にご提案させていただきます。ご了承いただけた方は、地域包括ケア病床へ移動し継続入院となります。

病棟の特徴

在宅復帰をスムーズに行うために、「在宅復帰支援計画」に基づいて、主治医、看護師、薬剤師、管理栄養士、リハビリスタッフ・在宅復帰支援担当者(医療ソーシャルワーカー)等が協力して、効率的かつ積極的に患者さまのリハビリや在宅支援(相談・準備等)を行っていきます。
Page Top