医療生協かわち野生活協同組合 東大阪生協病院

日本医療機能評価機構認定病院

外来案内

リハビリテーション

脳卒中後や神経難病、整形外科術後などで何らかの障害をもたれた方のリハビリテーションを、リハビリテーション医、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、看護師、介護福祉士、栄養士、医療ソーシャルワーカーなどのスタッフがチームで行い、QOL(生活の質)を高め、在宅や社会に復帰していただけるよう支援しています。

入院での回復期リハビリテーションをはじめ、退院後の訪問リハビリテーション、通所リハビリテーションも行い、回復期から維持期までトータルなサポートを行っています。

リハビリテーション室

主に移動能力の向上を目標に、車椅子や歩行等の訓練を行います。
排泄や食事、更衣といった、日常の生活動作から、家事、復職に向けた能力の向上を目指します。

訓練場面

装具を使用しての歩行訓練

電気刺激を使用しての訓練

シミュレーション室 一泊訓練

屋上庭園 歩行訓練

自転車訓練

自動車訓練(教習所にて)

当院では、早期から治療用装具を装着しての起立・歩行訓練を積極的に実施、また電気刺激機器を利用しての機能回復訓練も併用して実施し、機能向上に繋げています。さらに病院建て替えとともに新設されたシミュレーション室を使用し、より在宅を見据えた訓練も実施しております。

言語聴覚療法

失語や構音障害のある方に、コミュニケーション能力の評価・訓練をします。

嚥下障害リハビリテーション

嚥下造影での評価の上に口からの食事摂取を目指します。

シミュレーション室

居室・ベランダ

上がり框

キッチン

シミュレーション室では、上がり框やトイレ、浴室、居間(寝室)と自宅内をイメージした環境となっております。日常生活に必要な動きを訓練することにより、自宅で想定される動きに近い環境でより良い生活動作の獲得が図れます。

また「外泊したいけどベッドがないので出来ない」「外泊したいけど看護・介護に自信がもてない」というご本人様やご家族様の要望に応え、一泊体験も実施し、退院に向けての援助を行っております。

リハビリ庭園

屋上リハビリ庭園は屋外訓練へ繋げるためのファーストステップの場所として使用しております。

内容として、階段、スロープ、歩道の傾斜や段差、側溝など標準的な屋外環境を再現しております。また、実際の線路を導入し踏み切りを再現するなど地域性も考慮した作りになっております。さらに、屋外に出ることで季節感を感じたり、離床延長や精神的サポートなどでの使用にも一役かっております。

診療科目・各部門のご紹介

Page Top