医療生協かわち野生活協同組合

医療生協かわち野のご紹介

医療生協かわち野 診療所医療介護安全管理指針

1.医療・介護安全管理対策に関する基本的な考え方

  1. 医療・介護の安全管理(リスクマネジメント)の基本的な理念は、①医療・介護は安全をめざさなければならない ②医療・介護は患者、利用者の立場に立たなければならない の2点にある。
    医療・介護安全管理の意義は、医療・介護事故の発生・再発を防止することにより、医療・介護の質の向上をはかる、「患者・利用者の安全」と「医療・介護従事者の安心」を確保する、医療・介護事業所の事業を安定化させ組織としての損失を防ぐことである。
    医療生協かわち野の診療所における安全な医療・介護の提供の考え方と医療・介護事故の発生防止対策および事故発生時の対応方法についての方針を定める。その目的は、診療所が医療・介護事故防止体制を確立し、安全文化を醸成することにより適切でかつ安全で安心な医療・介護の提供につとめることにある。
  2. 安全管理に関する基本的な考え方

    1. 医療・介護の質の向上と安全の確保は、われわれが最優先に取り組むべき課題の1つである。
    2. 「事故は起こる」ことを前提として、職員個人の資質、努力のみに依存せず、事故を誘発・再発しない環境、システムを診療所として構築していく。
    3. 職員は自主的な業務改善や研修などを通じて医療・介護の安全にむけての取り組み、活動を幅広く展開していく。
    4. 患者・利用者との信頼関係を強化し、「患者・利用者中心の医療・介護」「患者・利用者の安全を最優先に考える医療・介護」の実現をめざす。そのために患者・利用者・その家族との情報を共有し「安全の取り組みへの参加」を促していく。
    5. 事故発生時にはその治療、解決に総力を挙げるとともに患者・家族らに対して誠実な対応を行う。
  3. 医療および介護のインシデント、アクシデントの定義、医療・介護事故のレベル分類、インシデント・アクシデント報告書の提出基準などは法人の「医療・介護安全管理規定」に準ずる。

2.医療・介護安全管理体制 医療・介護安全委員会の設置

  1. 各診療所内で「医療・介護安全委員会」を設置する。
  2. 「安全委員会」は、診療所長、看護師長、事務長のほか、必要と定めた職員、理事などで構成する。委員長は診療所長が行う。
  3. 「安全委員会」は月に1回以上開催し議事録の作成なども行う。
  4. 「安全委員会」の任務は以下とする

     

    1. インシデント・アクシデント報告書の収集とその分析を行い職員への周知を図る。
    2. 医療・介護の安全に関わる情報を収集し職員への周知、学習を行う。
    3. 職員への研修の企画を行う。
    4. 事故発生時の対応管理および再発防止のための対策の立案や推進を行う。
    5. 患者・利用者、職員からの医療・介護の安全に関わる疑問、不安等について日常的に把握しその対応をはかる。
    6. 診療所での安全管理対策に関しての基準の見直し、検討を行う。

3.職員への研修

  1. 職員研修は安全管理に対しての基本的な考え方や具体的な方策について周知、徹底することを目的に実施する。
  2. 研修は年に2回実施する(外部での研修も可)。必要に応じて随時実施する。
  3. 研修の開催結果、参加実績などの記録、保存を行う。

4.医療・介護事故発生時の対応および事故報告および再発防止対策

  1. 事故発生時(とくにレベル3b以上)には何よりも患者の救急処置を行い、患者の救命や被害拡大の防止に努める。必要な場合は、他の医療機関への紹介、転院を行う。
  2. レベル3b以上の事故発生時には診療所長は「安全委員会」を緊急に招集し状況の把握を行い対策にあたるとともに再発防止策の検討、立案を図る。またその内容に関しては必要に応じて職員に周知、徹底を行う。
  3. レベル3a以下のアクシデントやインシデントについては、緊急性や重要性があると診療所長が判断した場合には3)と同様の対応を行う。
  4. 事故の事実経過の記録

     

    1. 診療所長は患者の状況、処置の方法、患者・利用者および家族への説明などを診療録等に詳細に記載する。
    2. 記録にあたっては以下の点に留意する。
      :初期対応が終了次第、速やかに記載する
      :事故の種類、患者の状況に応じ、できる限り経時的な記載を行う
      :想像や憶測に基づく記載は行わず、できる限り事実を客観的に記載する
      :患者・家族への説明に関しては、説明内容とあわせて患者・家族からの応答・質問等も記録する
  5. 患者・利用者への必要な治療を行うとともに、患者・利用者およびその家族への事故の説明、対応も誠意を持って行う。

5.インシデント、アクシデントの把握と対応

  1. インシデントアクシデントを経験した職員は、インシデントアクシデント報告書の提出を速やかに行う。
  2. 報告を行ったことで、当該職員への不利益な処分などは行わない。
  3. 「安全委員会」は報告書の収集を行い毎月その検討を行う。再発防止などの必要性を認めた事例に対してその原因分析および再発防止対策の立案を行う。
  4. レベル3a以下の報告書に関しても、診療所長は緊急性ないし重要性があると判断した場合は「安全委員会」を招集しその検討などを行う。
  5. 診療所長はインシデントアクシデントの再発防止策などに関して職員への周知を行う。

6.職員と患者・利用者との情報共有などに関する基本方針

  1. 本指針はホームページや院内掲示を通じて患者・利用者、家族が閲覧できるようにする。
  2. 医療や安全にかかわる情報に関して適宜、患者・利用者への提供を行う。
  3. 患者・利用者の医療・介護安全への関わりを促していく(注射、検査時などで名前を自ら名乗ってもらい確認をするなど)。
  4. 医療・介護の安全に関わる事項、病状や治療方針等について患者・利用者、家族などからの相談等については担当者を決め誠実な対応を行う。担当者は必要に応じて診療所長、担当医へ内容を報告する。

7.安全管理指針の見直しおよび周知

本指針は必要に応じて適宜修正を行うとともに研修などを通じて職員への周知を行う。

2015年7月28日
法人医療介護安全管理委員会

Page Top