医療生協かわち野生活協同組合

医療生協かわち野のご紹介

医療生協かわち野生活協同組合 医療・介護安全管理に関する基本方針

医療生協かわち野生活協同組合では、職員一人ひとりが、また各部署それぞれが、安全な医療・介護の実践に真摯に取り組むと同時に、病院・診療所・介護事業所が包括的に医療・介護安全管理及びその推進を行っていくものとする。そのために必要な環境を 整えるために、次のとおり基本方針を定める。
  1. 患者・利用者中心の医療・介護の実践
    患者・利用者の立場にたち、患者・利用者が安心して医療・介護を受けることができる 環境を整えるよう努力をするものとする。
  2. 診療情報の共有
    職員は、患者自身が疾病や診療内容等について十分に理解し医療上の意思決定や治療効果の向上を図ることができるように努める。職員間でも患者・利用者の診療情報を共有し、安全で質の高い医療・介護の実現を目指すものとする。
  3. 医療・介護安全に関する組織的取り組み
    病院・診療所における医療・介護安全管理は、各医療安全管理委員会において対策を検討し、現場のリスクマネジャーを中心に、病院・診療所内の関係委員会及び部門と連携協力し、病院・診療所全体で継続的に取り組んでいくものとする。また法人医療介護安全管理委員会を設置し法人全体に共通する課題、警鐘事例などを検討し法人全体の医療・介護安全に向けた活動の向上を図っていく。
  4. インシデント・アクシデントの報告
    インシデント・アクシデントに関する情報は、早期に把握することが重要であるため、 報告書の提出または緊急事態又は重大事態発生時の連絡網に従い、迅速な対応に努めるものとする。
  5. 機能する医療事故防止対策
    医療事故防止のためのリスクの把握、分析、改善、評価については、病院長・診療所長の指揮のもと、医療安全管理委員会において行うものとする。この時、人間であれば誰もがエラーを起こす可能性があることをふまえ、インシデント等の根本的原因を究明し、システム指向の対応策の検討・実施を行うよう努めるものとする。
  6. 適切な医療・介護事故への対応
    医療・介護を通じて、患者・利用者に何らかの傷害が発生した場合には、迅速かつ適切な臨床的対処を行い、救命や回復に全力を注ぎ、それとともに患者・利用者や家族に十分な情報提供を行う。さらに、発生した事態が、過失による医療事故か否かの判断や組織的な医療事故対応については、病院長・診療所長の指揮のもと、医療安全管理委員会 (必要な場合は法人医療介護安全管理委員会)を中心に、現場の職員とともに、迅速性と即応性、客観性と公正性を有する意思決定と行動をとり、患者・利用者やその家族、さらには社会への説明責任を果たしていくものとする。
  7. 患者・利用者からの医療相談の実施
    患者・利用者に納得のいく医療・介護を提供するために、患者相談窓口(医療相談室) を設け、医療・介護に関する患者・利用者(またその家族)の相談、意見、苦情等に耳を傾け、迅速に対応し、病院・診療所機能の一層の改善に積極的に活用していくものとする。
  8. 医療安全情報の共有
    安全で質の高い医療・介護を提供するために必要な情報は、院内の職員全員で共有できるように、適宜、適切な方法(各委員会、カンファレンス、職員研修、院内ニュース等)を用いて周知徹底するものとする。
  9. 職員に対する教育研修
    医療・介護安全に関する知識や技術、コミュニケーション、チームワーク、危険予知力 を含む総合的なパフォーマンス力を習得・強化するため、全職員に対して、講義、実習を行う。
  10. 医療・介護安全文化の構築
    すべての職員が安全な医療・介護の提供の重要性を認識し、積極的に安全を推進していくために、職員研修をはじめ様々な場を通じて、医療・介護安全管理に関する教育や啓発に努めるものとする。

2016年4月1日制定

Page Top