医療生協かわち野生活協同組合

採用情報 採用情報

医学生の皆さんへ

神経内科・リハビリテーション医学生実習

地域や医療の現場の中でどんな医師になりたいのか発見しよう
急性期から在宅まで地域密着型リハビリテーション医療に取り組んでいます。

脳卒中をはじめとして、パーキンソン病、筋ジストロフィー、ALSなどの神経難病の診断、治療、リハビリテーション、在宅医療などを実習していただきます。 急性期病棟では主に、神経、筋疾患患者の診断、治療として、神経学的所見の取り方、頭部CT、MRI、脳血流シンチグラフィー、神経伝導速度や筋電図等の検査、治療方法の実習を行い、回復期リハビリテーション病棟では、障害をもった患者様の社会復帰のためのリハビリテーション医療、特にチーム医療の中での医師の役割を体験してください。又当院では、急性期病棟や回復期リハビリテーション病棟を退院された180人以上の在宅患者様に、訪問診療(往診)を行い、訪問リハビリや訪問看護その他の在宅支援チームと協力して、障害を持ちつつ地域で、自宅で生活されることをサポートしています。神経内科やリハビリテーション科の専門医療と、地域に根ざした、患者とともに生きる医療を見にきてください。

実習の中で、チーム医療における医師の役割を学び、実際の患者さまと接することで、医師・医療従事者が何を期待されているのかを学んでください。

実習内容
外来実習、病棟実習、訪問看護実習、訪問リハビリ実習、往診、検査室実習、心電図・心エコー実習、 医療生協班会体験、街頭での健康チェック活動、内科カンファレンス、病棟カンファレンス、回復期リハビリテーション病棟・急性期病棟実習、レントゲン・心電図学習会、患者会の見学、入浴介助、看護実習、在宅患者訪問、通所リハビリ体験、診療所実習、医療ソーシャルワーカー実習、 患者食調理実習、胃カメラ見学、社会保障制度学習会など
実習参加学生出身大学一覧
愛媛大学、鹿児島大学、大阪医大、大阪市大、近畿大学、筑波大学、獨協医大、山梨医大、奈良医大、佐賀医大
実習参加学生募集
対象 医学部・医科大学の1年生~6年生
期間 年間を通じ、日曜祝日を除く平日ならいつでもOK。
日数は1日から数週間まで相談に応じます。
参加費 無料。交通費は自己負担でお願いします。
その他 実習時の昼食はこちらでご用意いたします。
宿泊が必要な方は事前にご相談ください。
白衣、聴診器をお持ちの方はご持参ください。
お問い合わせ・申し込み 〒577-0832 
東大阪市長瀬町1-7-7
電話:06-6727-3131
担当:東大阪生協病院医学生担当
お問い合わせフォーム

大阪民医連・医学生のページはこちら

後期研修医募集

後期研修医募集についてはこちらをご覧ください
Page Top