医療生協かわち野生活協同組合

採用情報 採用情報

豊かな人生をサポートするリハビリテーション

リハビリテーション室の歴史

リハビリテーション室は、地域のニーズに応え、1992年リハビリテーション施設として認可され、2002年に東大阪圏内で初めての回復期リハビリテーション病棟を立ち上げ、脳卒中後や神経難病、整形外科術後などで何らかの障害をもたれた方のリハビリテーションを一般病棟、回復期リハビリテーション病棟での入院リハビリテーションをはじめ、在宅に戻られた後も、外来、通所、訪問でのリハビリテーションを展開してきました。外来では高次脳機能評価、認知機能評価、また地域に出向き、「腰痛予防教室」や「転倒予防教室」など地域の介護予防、健康増進にも積極的に取り組んでいます。人材教育では、新人教育(バイザーによる個別指導)を実施、院内勉強会への参加、学会での研究発表などの教育・研究環境を整えてきました。2015年2月に新病院に建てかわり、患者さまの期待に応えることができる施設面の拡充が図られました。最近では、近隣の大学との協同研究にて、加速度計を用いての定量的評価方法の指標を模索しながらデータ分析・収集に取り組んでいます。2013年6月にISO9001認証取得、2015年には、日本医療機能評価を受審し、日本医療機機能評価機構認定病院として承認、2017年に病院近接地に特別養護老人ホーム「かわち野里ながせ」がオープンしました。施設内には保育施設も配備しています。また、通所リハ、訪問リハなど生活期リハビリの充実を図り、今後も地域の方のニーズに応えていきます。

リハビリスタッフ

転倒予防体操

リハビリテーション部長ごあいさつ

西田篤司先生

西田篤司先生

みなさんこんにちは。リハビリテーション部部長の西田篤司と申します。当院は中河内圏域でいち早く2002年回復期リハビリ病棟を立ち上げ、地域のリハビリに対するニーズに応えてきました。
現在では当法人では回復期リハビリだけではなく、地域包括病棟・急性期病棟での入院リハビリも行っています。また、外来通院されている方への外来リハビリ、介護保険下でのリハビリ提供(通所リハビリ・訪問リハビリ)等、可能な限り地域の患者様のリハビリへの期待の声に応えていくことを目標としています。今後、医療・介護についてはいろいろな変化がでてくるものと思われますが、変化には柔軟に対応し、「地域で求められるリハビリ」に応えられるようにしていきます。
 

リハビリテーション室理念

リハビリテーション診療の指針

  1. 私たちは急性期から回復期、維持期、衰退期、終末期全てにわたり、障害を持つ人々や高齢者が常に人間としての尊厳と生活の質を失わずに生きられるよう、リハビリテーションの専門チームとして援助する包括的な地域リハビリテーションを実践します。
  2. 私たちは、いつまでも住み慣れた地域で、家族や馴染みの人々と暮らせるよう援助する、地域と生活の場に根ざしたリハビリテーションを実践します。
  3. 私たちリハビリテーションチームは、患者さん中心のリハビリテーションに徹し、その自己決定に関する権利を尊重します。
  4. 患者さん及びご家族のニーズから出発し、患者さん、ご家族の参加と協同のリハビリテーション診療を実践します。
  5. 私たちリハビリテーションチームは、専門職として常に、医学、看護、理学、作業、言語の研鑽を怠らず、エビデンス(根拠)に基づくリハビリテーション(evidence based rehabilitation approach)を実践、提供するとともに、リハビリテーション研究を、人道的倫理の元に積極的に取り組みリハビリテーション医学の発展に寄与します。

リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医・リハビリテーション認定臨床医

当院(法人)には3名のリハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医、1名のリハビリテーション認定臨床医がいます。神経内科医、内科医であり、脳血管疾患、神経筋疾患、神経難病疾患、高齢者医療を中心にボトックス外来、高次脳機能評価、認知機能評価、物忘れ外来などの入院・専門外来・往診を担当しています。リハビリテーション認定臨床医は整形疾患を中心に入院・専門外来を担当しています。

院長 橘田 亜由美

橘田亜由美先生

病院院長
日本神経学会認定神経内科専門医
日本リハビリテーション医学会専門医 
日本内科学会認定医
日本プライマリ・ケア連合学会認定医
日本医師会認定産業医

西田篤司先生

西田篤司先生

リハビリテーション科部長
リハビリテーション医学会専門医
日本医師会認定産業医
義肢装具等適合判定医

松田昌弘先生

松田昌弘先生

整形外科部長
整形外科専門医
日本リハビリテーション 認定臨床医
日本リウマチ専門医
日本整形外科認定・リウマチ・スポーツ・運動器リハビリ医
医学博士

大井通正先生

大井通正先生

医療生協八尾クリニック所長
日本リハビリテーション医学会認定専門医
身体障害者福祉法指定医

活動・リハビリ練習場所紹介

朝の集団体操

FES(下肢)

ADAS(認知機能評価)

FES(上肢)

シミュレーション室

屋上庭園

Page Top